キャッシングの借入審査

 

キャッシングの借入審査

キャッシングの利用を検討されている方にとって、借入審査に関して気になりますよね。

今回はキャッシングの借入審査について調べてみましたので、今後キャッシングを検討されている方は是非参考にしてみてくださいね。

 

まず審査に通りやすい人と通りにくい人に分かれていることはご存知ですか?
独身の方と結婚している方では結婚している方の方が審査に通りやすく、キャッシングが初めての方とキャッシング経験がある方でしたらキャッシング経験がある方の方が審査に通りやすいと言われています。
どのような違いがあるか分かりますか?
それは「キャッシングの審査は年収以外にも非常に多くの審査項目があるから」なのです。
審査をするにあたって勤務先・雇用形態・年収・健康保険証の種類・勤続年数・住居形態・居住年数・家族構成など、これらの項目がチェックされるのはどこのローンの審査にとっても共通されていることです。

 

これから審査を控えている方は是非チェックしてみてくださいね。

 

借入審査の期間

 

借入を検討されている方は、必ず審査を通らなければ借入することが出来ませんよね。
そこで、借入を申込むにあたって審査にどれくらいの期間がかかるのでしょうか。
もちろん審査が早く終われば助かるという方も多いことと思いますし、今回は借入審査の期間について調べてみましたので是非参考にしてみてくださいね。

 

銀行融資を初めて申し込む場合でしたら、銀行は融資審査の前段階で事業内容や財務内容などを慎重に審査することとなりますから既に銀行融資の経験がある方と比べるとこの段階で審査に時間がかかります。
また、初めての銀行融資の場合には更に信用保証協会の保証付き融資となるケースが多いので、銀行の審査期間に加えて信用保証協会での審査も加わる必要があるため目安としては銀行融資の申込を行ってから銀行融資が実行されるまでに最低でも1ヶ月程度はかかると考えて良いでしょう。
その為、初めての銀行からの借入の際には余裕を持って申込みをされることをオススメ致します。

 

年収いくらで借入審査に通る?

 

今度借入を検討されているのでしたら、審査に落ちないために気を付けた方が良いポイントがいくつかあります。
中でも重要なのが年収を多めに申告しないということ。
少しの違いだったら問題ないのでは?と考える方も居ることでしょう。
しかし、いざ申し込む段階になると審査を有利にしたくて実際の年収よりも多めに申告する方も居るようです。
年収のウソは、源泉徴収票や収入証明書の提出を求められたらすぐにバレてしまいます。そのため、何のメリットもありませんからご自分のためにもわざわざウソをつくのはやめましょう。
ただ、50万や100万以下の借入でしたら収入証明書不要としているキャッシング会社も多いようです。
年収のウソをついてまで借りれる金額を大きくしても返済が大変になりますから困るのもご自分となりますからオススメできません。
借入をするにあたって申込み書に記載する年収額はもちろん正しい金額を記入しましょう。
こういったウソによって一生を棒に振ることもありますから気を付けてくださいね。

 

複数社から借入審査

 

複数社から借入審査

1社からの借入だけでは不足するなど、どうしても複数の消費者金融から借入をしたいと考える場合もありますよね。

そんな時には、できるだけ消費者金融からではなく銀行からの借入を利用することをオススメ致します。

 

もし大手銀行の借入の審査に落ちてしまった場合には、安定感があるため比較的に複数の会社から借入をしていても借入がOKな大手から準大手と企業規模に合わせて順番に申込みをしていくのが良いでしょう。
いくら借りやすさや審査が優しいなどと魅力的な言葉を謳っている業者でも、聞いたことにないような会社から借入をするようなことはしてはいけません。
当然、複数から借入をする時にも金利の低さや返済方式などを事前にシッカリとチェックして計画的に返済していけるように借りることだけではなく借りた後のことも考えながら借入先を決めましょう。
複数の借入となると、金利はもちろん返済日も複数となりますから尚更徹底した管理が重要となります。

 

甘い借入審査

 

消費者金融や銀行からの借入を検討されている方もたくさん居ることと思います。
そこで、借入をするにあたって必ず審査に通過しなければなりません。
審査に通りたいという方は審査に甘い借入先を探している方も少なくはないのではないでしょうか。
そこで、審査の甘い借入先があるのかを調べてみました。
審査は必ずあるものです。審査がない・誰でも借りられるなどといった甘い言葉を謳っている業者はハッキリ言ってオススメできません。
審査の甘い借入先をお探しでしたら、大手ではなく中堅の企業を利用するというのはいかがでしょうか?
大手はやはり安心感がありますが審査に厳しいイメージがありませんか?
そこで安心して利用することが出来るけど大手よりも審査が優しい中堅の消費者金融だったり銀行系カードローンを利用することがオススメです。

 

今後審査の甘い借入先を検討されているという方は中堅の消費者金融・銀行系カードローンを利用されてみるというのはいかがでしょうか。

 

借入審査の基準

 

借入をするにあたって、審査について気になる方も多いのではないでしょうか。
そこで、借入の審査基準について調べてみましたので是非参考にしてみてくださいね。

 

まずなぜ審査をするのかということから考えてみましょう。
ご存知の方も多いと思いますが、借入をする本人が返済能力を持っているかどうかを見るために審査を行います。
金融機関は貸した金額と金利が戻ってこなければビジネスとして成り立ちませんから返済能力がないと見なした方には借入をすることは出来ません。
借入を行う機関、銀行やカードローン会社は信用情報を分析して分析後は一定の格付けを行い信用力を判断することとなりますが、この審査基準・信用情報を自分でも解析することが出来たら普段のお金の使い方だったり管理の仕方も必然と変わっていくはずです。
とは言っても、それぞれの金融機関やサービスによってこの審査基準は異なりますからこれが全てではないということは頭に入れておいてくださいね。

 

信用金庫から借入するための審査

 

信用金庫から借入するための審査

信用金庫から借入を検討している方も多いことと思います。

信用金庫は消費者金融と提携してカードローンに取り組んでいますが、大手銀行やネット銀行とインターネットを通じて競合しています。
キャッシングというと銀行や消費者金融が思いつく方がほとんどだとは思いますが融資条件を見てみると信用金庫のカードローンの融資条件に驚くことでしょう。
信用金庫の中には、キャッシングの実質年率が10%未満で200万円程度のキャッシングが出来るという金庫が少なくありません。
消費者金融では考えられない数字ではありますが、このことを知らない方が多いのが現実です。
好条件の融資ですから審査が厳しいと考える方が多いのですが信用金庫のキャッシング審査は特別厳しいということはありまsね。
審査のポイントとして重要視されているのが「支店の営業区域」です。
信用金庫は地域金融機関としての特性から、支店の営業区域内に居住するか勤務先がある方しか信用金庫のサービスを受けることが出来ません。
他には「勤務先での勤続年数が1年以上」「年収制限」が審査のポイントとなります。

 

審査なしで借入できる会社

 

キャッシングやカードローンなどの借入先を探している時に「審査なし」と謳っている業者を見かけたことがある方も多いかもしれません。
実際に、審査なしの業者はあるようです。しかし、注意が必要です。
金融業者から借入をする際には必ず審査が必要となります。
特に2010年に賃金業法が改正されてからは総量規制が施行されましたので審査がない金融業者は怪しい業者と考えて良いでしょう。
そのため、審査がない=ラッキーと捉えずに審査がないということを疑問に思わなければなりません。
審査なしで借入できる業者は違法業者やヤミ金が考えられます。

 

借入をするにあたって、家族に知られたくなかったり審査に落ちたくないなど人それぞれ理由があることと思いますがだからといって審査なしの借入を選ぼうとせずに様々な借入の業者を比較してみてご自分の条件に合ったところの申込をしてみてはいかがでしょうか。
中には、家族や周囲にはバレないように配慮をしてくれるところや比較的審査が優しい業者もありますので検討されてみてくださいね。

 

借入で審査に通らない?

 

キャッシングやカードローンの借入を検討されている方にとって、審査って気になりますよね。
借入をするにあたって審査は必須条件ではありますが、中には審査が通らない方も居ます。
審査に通らない原因って何なのでしょうか?
実際に審査に通らなかった経験がある方も居ることと思いますが、審査に落ちた際には原因は知らされませんよね。
借入の審査に落ちる一番の原因と言われているのが「他社借入件数」です。
他社借入件数とは、他の金融会社から借入を行っている件数のことになります。
申込者が他の銀行や消費者金融などから借入があるのか、何枚のクレジットカードを持っているのかということが審査の基準となっており、ローンの審査の際は重要視されているポイントとなっています。
同じ金額のローンを組むとしても、他社借入件数があるかないかでも審査が不利になることがありますから注意してくださいね。

 

他にも考えられる理由はいくつかありますが、審査に通らない一番の理由は「他社の借入件数」と言われています。

 

ウソで借入審査

 

ウソで借入審査

キャッシングやカードローンなど、借入を利用するにあたって必ず審査に通過しなければ利用することが出来ません。

誰もが審査にスムーズに通りたいと思うはずですが、中には通りやすい人もいれば通りにくい人も…。
借入の審査に落ちないためにしてはいけないことがいくつかありますが、その中でも最も重要なのが「ウソをつかないこと」なのです。
例えば、勤務先や他社乖離入れ件数、年収など…見栄を張ったり少しでも借入条件をよくしたいからと言ってウソをつく方が稀に居ますが、これらのウソをついても必ずバレます。
ウソをついてしまうと逆に信用されなくなってしまい不利な状態になりますからいくら借入条件をよくしたいからと言っても借入審査の際にウソをつくのはやめましょう。
ウソをついても貸してくれるような怪しい会社から借入するのも、一生を棒にふるようなこととなる可能性もじゅうぶんにありますからやめましょう。
きちんと安心して借りられるところから借入をしましょう。

更新履歴